2011年12月26日

自炊にケチをつけるお馬鹿さん2

前に書いたの→自炊にケチをつけるお馬鹿さん

http://d.hatena.ne.jp/aureliano/20111225/1324797973

もしドラが話題になったとき、本当に読まなくて良かったと思う。
だってこんなこと言ってる奴が書いてる本なんだもの。

>本は、購入した人の所有物ではありません。そもそも、太陽とか土とか水でできた紙を使ってできた本を、数百円払ったくらいで「所有」しているという考え方がおこがましい。

一度、公の場に出たものを、自分が思うがままに受け取ってもらおうってこともおこがましいんじゃないんだろうか。
例えば古代ギリシア時代に書かれた本についても、「当時の紙で」「書かれた言語で」のみ受け取ることしか認めないなんてことを言うんだろうか。
そしたら今の日本で過去の知識を得られる人はどれだけいるだろうか。
まぁこの作者の本が「(中身の無い)印税稼ぎのためのもの」であるなら、上記の条件を満たして欲しいんだろうと思うけど。

>それは、権利と言うよりは、この世界そのものの一員としての責任です。ぼくは、誰が持っている本であっても、その持ち方や使い方を誤っている人がいれば、行って「誤っている」と勇気を持って指摘してきたいと考えています。

典型的な「自分の知ってる世界がすべて」な精神的未熟児の意見。
何が正しいなんて、その時々の常識でしか判断できないのに、自分のその考えのみが正しいと考えている人間の言い方。

>上記でも述べましたが、購入した本の使い道は購入者の自由ではありません。まず、読み方からして「自由」ではありません。例えば「あ」という文字があったとしたら、これを「い」や「う」と読んではいけないのです。

ドラッカーがお前の本に、「そんなつもりで書いてない」って言ったらどうするつもりなんだ?
「あ」という文字を紙で読むか画像データで読むかって話を論点すり替えすぎ。

>借り物を自由にしていいわけ、ありません。作家が自由に何でも書いていいわけでないのはもちろんですが、読者だってそれを自由に楽しんではいけないのです。

読み手は作者の思うがままの読み方しか許されない、何ていうか一生国語の教科書の副読本でも作ってて欲しい。

>佐藤さんのようなことを言う人が本を買う必要はありません。本はむしろ「買った後の使い方まで指示してほしい」という人が買うべきであり、また読むべきものです。
ここまで来ると、データで欲しい人は違法ダウンロードしろってことでしょうか?私のように中身が読めればいい人なんて存在しないらしいですね。

もうこの人の言ってることが支離滅裂すぎて頭が痛くなります。
何をそんなにデータ上で読まれることが嫌なのでしょうか。
中身で勝負しているならまだしも、萌え絵の表紙で買わせようとしてる人が…。




タグ:自炊 漫画 小説
posted by あいえー at 23:46| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お金になるかどうか

http://www.publickey1.jp/blog/11/publickey2011.html

講演を頼まれるほどに名が知れたブロガーでも、ブログ単品で生活をしていくのは難しいらしい。
でも記事を読む限り、フリーランス+ブログと言う形ではブログが十分に広告媒体として役立っているように思える。
となると、何らかの本業があった上での副業でのブログぐらいの立ち位置がちょうどいいんだろうか。
フリーランスとかでなかなか本業にブログを活かせる人はいないと思うので、
fxやら株やらと一緒で、趣味とか副業程度に”楽しみながら”、
赤字に目指すのがちょうどいいのがブログなのかもしれない、と感じたあいえーでした。


posted by あいえー at 23:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。