2012年01月30日

所謂自虐史観と教師という生き物

中学授業で「百人斬り」 自虐的教育を報告 日教組教研集会

もうずっと日教組と聞くと、どうしても悪い印象を持たざるを得ない。
あまり小学校の頃を思い出しても、まともな教員と言うのはいなかった。
彼らが日教組の一員だったかどうかは知らないが。

とは言え、悪いのは、本当に自虐史観を教える教師だけなんだろうか。
そもそも日本の教育が、
「自分の頭で考えよう」ではなくて、「このやり方を覚えろ」って言う
やり方なのが問題じゃないのかね。

竹島の問題にしたって、歴史的な文献やら韓国の思惑やら色々あるんだから、
それを全部生徒に渡して考えさせればいい。
百人斬りだって、「実際にあった」派、「嘘だ」派の両方の考えを
子供に示して、あとは自分らで考えさせる授業があったっていいじゃないか。
でもきっとそんな授業は指導要領に無いからダメなんだろう。

国としてあるべき教育ってのはあるけど、
生徒に考えさせる授業をやる努力はしてもいいと思う。
とは言え、どちらでもなくただ自分の意見を押し付けるだけの教師ってのは、
役立たずとしか思えない。

そんな役立たずでも教師ができちゃうような仕組みじゃなくて、
自分の頭でしっかり考えさせるような人しか教師になれないようになってほしいなぁ。




posted by あいえー at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

学びは興味から

言葉は静かに街に眠る/世界一素敵なラテン語の授業


どこかで聞いた話だと思ったら、ドラゴン桜でこんな話があったような。
たしかあれは、外に出て看板に中国語、韓国語が載っていたらじゃあそれは何故か考えようみたいな話だった気がする。

やっぱり好奇心を持てば、勉強だってなんだって楽しい。
好奇心が無いとつまんないよね。
まず興味をもたせる努力は教える側の義務だと思う。
入り口が楽しければ、あとは勝手にのめり込んでいくものだし。

引用元の記事にあるEgo Sum Via Veritas Et Vitaは、聖書の一節で
I am the way, the truth, and the life.と言う意味らしい。
私は道であり、真理であり、命である。と。
こんな題材が街中に転がっているヨーロッパって素敵。



posted by あいえー at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

貧乏ネタは胡散臭いのが多い

【プレイバック芸能スキャンダル史】
(20)タモリの一言でブーム終焉となった「一杯のかけそば」


よくテレビでも出てくる貧乏ネタ。
ちょっと聞いただけでもオカシイでしょって言うのが多々ある。

↑のリンクの話もそうだけど、定食屋の安い日を〜、ドリア半分食べてチーズ入れて〜とかそんな話。
貧乏なのに自分で作る手間すら惜しむとはどういうことなんだろう…。
自炊が出来ないって言うなら、冷凍食品の方が安いし、閉店前のスーパーの惣菜でもまだ安いと思う。
外食なんて元々の食材費に比べて人件費がかかりまくってるんだから。。

スーパー行くとただの白飯とか売ってるよね。
炊飯器が高くて買えないって人は土鍋を使えばいいし、
研ぐのがめんどくさい人は、無洗米を買えばいいと思うけどなぁ。
たまに毎食カップラーメンなんてのも聞くけど、
せめて毎食卵かけご飯のほうが偏ってるとはいえマシな気が。

一袋高くても40円、安ければ10円台でも買えちゃうもやしが出てこない貧乏トークとか…。
キャベツも安ければ一玉100円で結構食べられるし、ここらへんの話が出てくると現実的だねー。



posted by あいえー at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。