2012年11月05日

エレベーターのリストは公開してほしい。

“殺人エレベーター”全国5500台 シンドラーのリスト隠し

この広報担当者の発言の一次ソースは見つからなかったけど、
個人情報について少し書いてみる。

そもそも個人情報の定義って何だろう?という疑問には、
経済産業省のガイドラインが、わかりやすく答えてくれる。
簡単にいえば、個人を特定できない情報は個人情報ではない。
とはいうものの、以下のような場合がある。
事例5)特定個人を識別できる情報が記述されていなくても、
周知の情報を補って認識することにより特定の個人を識別できる情報


こういう意味合いで、
(中略)エレベーターはオーナーさまのものです。お客さまの『個人情報』になりますので、開示することはできません。
としているのだろうか?

確かに不動産のオーナーは法務局に行って、登記簿謄本を取ればすぐわかる話。
でもそれって謄本に個人情報が出ているというだけじゃないだろうか。
そうすると、全ての建物名だって個人情報ってことになってしまう。
それじゃ、不動産の情報は何も書けなくなってしまう。

そもそもだけど、ある企業が、自社製品を使ってもらうことに自信が無いなんて、
今後自社商品が売れなくなってもいいんだろうか。
導入実績とか本来喜んで公開するようなことだよね。

何にせよ、今後もエレベーター乗る時は、気をつけないと。


posted by あいえー at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。