2012年02月05日

初音ミク考

初音ミクが踏み越えたものについて今さらながら

面白い記事だった。

ニコ動といえば、初音ミクとゆっくりを上げても過言ではないと思うけど、
これらは本当に才能の裾野を広げていると思う。
どれだけ見た目が悪かろうが、引き籠りだろうが、面白い物を提供する側になれる。

時代を紐解いても、上からの改革というのは大して変革をもたらさない。
会社でのつまらない会議だってそう、上が与えて、下が貰う構造は大して意味が無い。
この裾野の広さなら、きっと初音ミクはずっと存在し続けるだろう。

ドリフやビートルズが、今でも語られているように、
他のヴァーチャルアイドルが出てきても、その金字塔として初音ミクはあり続けるだろう。
その時、「初音ミクの方が良かった」なんて懐古的な年寄りにはなりたくないなぁ。






posted by あいえー at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。