2013年11月26日

印紙って高いよね。

猪瀬都知事公開の5000万円「借用書」 印紙貼らず、印紙税法違反の疑い

国税庁のページによると、5000万円以下は2万円の印紙とのことで。
契約書作るたびに思うけど、いちいち印紙って何かぼられてる気がするよねぇ…。
まぁでもこれって、徴税方法として多分いいやり方なんでしょう。
なんだかな〜




posted by あいえー at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

オムニチャネル?




テレビでセブンイレブンのオムニチャネルについてやっていた。
これからはネットだけではダメ、実店舗だけではダメ、両方をやらなければってことらしい。

O2Oからオムニチャネルへ、加速する顧客とのコミュニケーション革命

結局ショールーム化は避けられないんじゃないんだろうか。
買う側からすれば、別にそのお店のネットショップだろうがAmazonだろうが関係ないわけだし。
お店で受け取れることのメリットは、何より早く受け取れるってことなんだろうな。
しかも、ネットショップと変わらない値段で。

ネットで頼んですぐお店で受け取るためには、お店に在庫をしている必要がある。
イトーヨーカドーみたいなスーパーくらいの店舗面積があればある程度は在庫できるだろうけど、
一番お店で受け取りたい場所の、例えば都内のコンビニってそんな場所無いと思う。

となると在庫は持たずに、オーダーが入ってからその店に配送して午後受け取り?
それって翌日配送が普通になってきた今だけど、当日配送はまだまだ難しいから、メリットはありそう。
まぁでも今ネット通販も、当日配送に向かって進んでるからねぇ…。
当日配送&宅配ボックスがあると、あんまりメリットにならんような。

というわけで、ネット通販と変わらない値段で、
当日すぐにお店で受け取れたら、
オムニチャネルすげーーーーと思います、以上。




posted by あいえー at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月11日

真綿で首を絞めるように

街の本屋さん助けます…書店がKindleを売ると電子書籍の売上の一部を受け取れるプログラム、アマゾンが発表




一年近く放ったらかしてたけど、久しぶりに更新。

本屋でKindle売れば、その客の売上の10%あげます(2年間)ってことだけど、
これってAmazonが、Kindleの露出を一番効果的なところに増やすってことだけだよね。

2年間アフィリエイト程度の収入を本屋が手に入れたところで、
Kindle買った人が本屋に来なくなるのは目に見えているわけで。
2年経ったら、本屋からAmazonが顧客を1人奪取!

んー本屋の未来、暗いなぁ…。
業態変えるしか無いんじゃないの?




posted by あいえー at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。